求人応募の面接マナー メインビジュアル

基本的な面接マナーをご紹介

面接は緊張するものです。毎回違う業種、企業へ行くのですから緊張して当たり前です。
業種や職種によって面接のやり方や雰囲気は異なるでしょう。例えば事務職の面接と歯科医師・歯科衛生士の面接では質問される内容に大きな違いがあると思います。 それでもどんな面接でも基本的なマナーに差異はありません。このマナーさえマスターしておけば、どんな求人募集にも自信をもって応募できるでしょう。
面接時の基本マナーをわかりやすくまとめましたので、参考にしてください。

面接
  • いずみ歯科クリニック | 歯科衛生士募集
    http://www.izumidc.com/recruitment.html
    春日井市で歯科医師・歯科衛生の求人をお探しなら。
    スキルアップできる環境で一緒に働きませんか。
    愛知県春日井市南下原町4丁目8番2号
    tel.0568-37-1482 採用担当者まで

面接時のマナー

求人応募して面接を受けることになったら、履歴書に書かれている書類上のことよりも応募者の人柄を重点的にみられることになります。 そこでの印象が良ければ採用に近づきますし、悪ければ不採用の通知が届きます。 面接では印象を良くすることが重要になるのですが、そのためには見た目を清潔にしておくことも大事ですがマナーを守れる人間であることを示すのも肝心です。 相手を不快な気持ちにさせないよう、礼儀を知っている大人の応対で面接官に自分を認めてもらえるよう、面接時に必要なマナーを身につけておきましょう。
もっと詳しく

面接

入室時のマナー

気になる求人に対して問い合わせをしたことのある人なら、面接まで進んだことのある人もけっこういるのではないでしょうか。 面接時のマナーでよく言われるのはノックについてですが、このことについて詳しく知っている人はどれくらいいるのでしょう。 2回ノックする、という人もいれば3回ノックが正しいという人もいます。 どちらでもいいような気がしますが、せっかくならもう少し掘り下げて考えてみて、どちらを選ぶか決めてもよいでしょう。
もっと詳しく

面接官との対面

面接会場となる部屋に入ったらいよいよ本格的な面接もスタート(開始)です。 第一印象はそろそろ決まっているでしょうが、それでもここからの対応をしくじるとアルバイトや正社員としての求人に不採用となってしまいますし、 悪い第一印象を与えてしまったとしても挽回して巻き返し、採用を勝ち取ることもできるでしょう。 書類審査を無事通過できたのならしっかりと自分の良いところをアピールすれば、きっと面接もうまくいくはずですので頑張りましょう。
もっと詳しく

面接

退室時のマナー

新聞の折込チラシや雑誌でアルバイトの求人を探して応募する人に、面接時のマナーや入室マナーを考えることはあっても終わった後の退出マナーを考える人はあまりいないのではないでしょうか。 第一印象を決める入室マナーが重要視されますが、退出マナーだって評価の対象になるに決まっているので覚えておいたほうがいいのですが、軽くみられがちです。 別れ際の後姿は記憶に残りやすいものですし、ここもしっかりとおさえておきましょう。
もっと詳しく